昨日は川下専念寺様引き受けのもと、周東第一組の組会が開催されました。
岩国市内の浄土宗の住職副住職が集まり、今後の行事等について話し合いました。

大変ありがたいことに上は90代、下は20代と、幅広い年代の住職副住職が同席し、忌憚ない意見交換をさせていただけます。よく、他の組のお寺様に「周一は仲が良いね!」とおっしゃっていただきます。

大先輩方に私もご教授を賜りますが、ある80代の先代ご住職が「今の時代の住職は本当に大変。法灯をつないでいくのもこれからは難しい。」と嘆いていらっしゃいました。厳しい時代を生き抜いて、我々では計り知れないほどのご苦労を重ねて、今を築いてこられたお方です。

世間は忘年会の時期ではありますが、決して忘れてはならないお言葉をお聞きし、身が引き締まる思いです。