瑞相寺ロゴ

 

金土日と、朝から夕方まで1時間置きにご法事を承っております。お盆に先駆けて初盆のお参りをしておりますが、今年は新たにご縁をいただいた方も多く、瑞相寺では昨年の1.5倍くらいの方が初盆を迎えられます。短い時間ではございますが、ご家族の皆さまと一緒に、一心に念仏回向いたしております。

 

咲いた花見て喜ぶならば 咲かせた根元の恩を知れ

 

お盆は極楽浄土に往生されたご先祖さまに感謝する大切な時間でもございます。今年初盆を迎えられた方の中に、喪主さまが直葬・散骨希望をされている方がいらっしゃいました。ご親族の反対で、ご親族が瑞相寺に頼ってこられ、通夜、葬儀式を浄土宗の行儀に則って、滞りなくお勤めいたしました。

葬儀式が終わり、初盆を迎えたころ、喪主さまから「本当にしっかり弔って良かった。直葬・散骨にしていたら絶対後悔していた。身近な人の死で自分の死生観がまるっきり変わった。」とのお言葉を頂戴いたしました。生前はいろんな思いがあったとしても、いざ自分の肉親が亡くなったとき、それを受け入れるには誰であろうと様々な葛藤があります。葬儀式やその後のご供養を通して浄土宗のお念仏のみ教えに出会うことが、自他の命について考えて、前向きな人生を歩むためのきっかけにもなります。

どうかこのお盆、改めて「命」について考え、前向きな人生を歩んでいただきたく存じます。