時代の流れでしょうか、ご高齢のためや諸般の事情で、平地のお墓や墓じまい、瑞相寺では境内外墓地永代供養納骨堂に、改葬(お墓のお引越し)をされる方が増えて参りました。その手順や手続きについてよくお尋ねいただくので、山口県岩国市の場合の一般的な流れを簡単にまとめさせていただきます。あくまでも一例です。例外は多数ございますのでご了承ください 改葬をお考えの方はまず、瑞相寺のお檀家様は住職に、瑞相寺のお檀家様以外で菩提寺がある方は菩提寺のご住職様にご相談ください。また、大切な事ですので、しっかりご親族で話し合って決めます。それぞれの状況に応じた方法を考えましょう。以下その後の流れです。  

 

 

 

改葬先と契約を結ぶ

 

  新たに墓土地や納骨堂等を求められる場合は、改葬先となる墓地の管理者と、契約を結びます。規約の内容、かかる費用、使用許可証・受入証明書・領収書等の発行、将来的な事など、気になることはあらかじめリストアップし、漏れがないよう確認いたします。 墓石を移動するのか、新たに建立するのか、納骨堂にご遺骨を移すのか等、様々なケースが考えられます。決める前に、見積もりをとってもらいましょう。墓地によっては、指定の石材店がある場合がございます。    

 

 

 

『改葬許可申請書』の記入

 

※平成28年2月27日現在の内容です。誤りがございましたらご容赦ください。

 

改葬許可申請書サンプル

 

岩国市役所4階の環境保全課で『改葬許可申請書』をもらいます。『改葬許可申請書』『改葬許可証』『埋葬等証明書』の3枚複写式になっており、その用紙に必要事項を記入いたします。 現在お墓の中に骨壺はあるが、どなたのご遺骨か不明な場合は、「死亡者の氏名」等は「不詳」、「申請者」欄の「死亡者の続柄」は「○○家の子孫」等とお書きください。お一人につき1部必要です。 岩国市のサイトからダウンロードする場合は、申請書ダウンロードのページから入手できます。      

 

 

 

現在のお墓の管理者に署名・捺印してもらう

 

  現在ご遺骨のあるお墓の管理者(お寺様、霊園管理者、自治会長等)に改葬をする旨を伝えます。3枚目『埋葬等証明書』の下部の所に、墓地の管理者の署名・捺印をいただき、そこにご遺骨があることを証明してもらいます。 「埋葬」「埋蔵」「収蔵」は、現在あるお墓の形態によって異なります。土葬の場合は「埋葬」、お墓の場合は「埋蔵」、納骨堂等の場合は「収蔵」です。      

 

 

 

市役所に提出後、『改葬許可証』をお墓の管理者に提出する

 

  3枚複写式の用紙を、岩国市役所4階の環境保全課に提出し、『改葬許可証』を発行してもらいます。発行してもらった『改葬許可証』を墓地の管理者にご提出ください。      

 

 

 

お墓の発遣法要(お性根抜き)をし、ご遺骨を取り出す

 

  お墓の魂を抜く発遣法要を奉修いたします。法要後に、ご自分または石材店の方に頼んで、ご遺骨を取り出し、新しいお墓にご遺骨をご移動します。 法要後、墓石の移動や処分はお墓の管理者にご相談ください。一般的に改葬の場合は、石材店の方にお願いし、墓石の撤去後、更地にしてお墓の管理者にお墓の土地を返却いたします。      

 

 

 

納骨し、開眼法要(お性根入れ)を奉修する

 

ご遺骨の移動が完了いたしますと、魂を入れる開眼法要を奉修いたします。  

 

 

 


  一般的な改葬の流れをまとめました。様々な状況があるので、一概にこの流れの通りにはなりませんので、ご了承くださいませ。 ご先祖様の大切な大切なお墓です。よくよく考えて、ご事情にあった方法を選択いたしましょう。 ご不明なことは、何でも瑞相寺までお問い合わせください。