20170717錦帯橋で水遊び_22 20170717錦帯橋で水遊び_23 20170717錦帯橋で水遊び_2520170719中国新聞

 

暑くなってきたので、先日錦帯橋付近の錦川で泳いでみました。子供のころはこの川で本当にたくさん遊で、様々な思い出があります。岩国はお酒で有名ですが、錦川の水は本当に綺麗です。

平成29年7月19日(水)の中国新聞朝刊「岩柳」紙面に、瑞相寺の前の通りの名前にもなっている「臥龍橋」について載っていました。その中には、「龍江(りゅうこう)」と呼ばれる淵についても載っておりました。

臥龍橋と錦帯橋の間の錦川右岸にひっそりとあるのが「龍江」と呼ばれる淵だ。周囲には草木がうっそうと茂っている。

市教委文化財保護課によると、この淵はもともと「吸江淵」と呼ばれていた。「流水を吸い込む」という意味からついたとされる。

平成29年7月19日(水)の中国新聞朝刊「岩柳」紙面より

地元では「龍江には絶対近づくな!」と言われています。毎年この時期になると水の事故のニュースで辛い思いをしますが、綺麗な錦川でも、時に水は脅威になります。住職の後輩も、学生時代に錦川で亡くなりました。くれぐれもお気をつけください。