錦帯橋の桜も一息ついてきました。毎年お花見シーズンは錦帯橋周辺はたくさんの人でにぎわいます。瑞相寺も錦帯橋から近いので、連日住職も散歩がてらお花見に行っております。毎年思いますが、私にとって錦帯橋の桜は日本一です!桜は日本人の感性や仏教観とも合い、その瞬間瞬間でさまざまな感じ方がござ…
20180402錦帯橋さくら守の会_180406_0012
 錦帯橋さくら守の会「さくらのあれこれを学ぼう!」に参加いたしました。毎年お花見の時期になると、瑞相寺の周辺も花見客で大変にぎわいます。住職も毎年欠かさずお花見にでかけております。錦帯橋の桜は日本一!いや世界一!だと思っております。美しい錦帯橋の桜ですが、桜の木も年老いてきており、様々な問題がござい…
20180206ブログ
 中国新聞さんの 暮らしの情報誌『フェニックス』に「岩国さんぽ」という特集が組まれております。先日記者さんたちが城下町岩国界隈を散歩され、取材に来てくださいました。瑞相寺のご近所の、本能寺さん、うまもんさん、本家松がねさん、古田秋栄堂さんも掲載されています。今朝はさっそく、特集をご覧になった方が「瑞…
S_6751369660609
 岩国徴古館の企画展「紙から見える江戸時代の岩国」に行ってきました。岩国和紙の歴史や現状について学びました。美和中学校では2015年から手すき和紙による卒業証書づくりに全校生徒で取り組まれています。自分で一生懸命作った和紙でできた卒業証書をいただき卒業することで、卒業の意義も大きくなりますし、地域…
S_6444563188308
 暑くなってきたので、先日錦帯橋付近の錦川で泳いでみました。子供のころはこの川で本当にたくさん遊で、様々な思い出があります。岩国はお酒で有名ですが、錦川の水は本当に綺麗です。平成29年7月19日(水)の中国新聞朝刊「岩柳」紙面に、瑞相寺の前の通りの名前にもなっている「臥龍橋」について載っていまし…
20170717錦帯橋で水遊び_22
 吉川六万石第3回 こぬかの盆 今年で第3回目ととなる吉川六万石「こぬかの盆」が開催されます。こぬか踊りとは、江戸時代から城下町岩国に踊り継がれてきた盆踊りです。今年は地元の子供会の協力で、こどもこぬか「こすず連」も誕生し、可愛らしい踊りをみせてくれます。  &nb…
こぬかの盆