40297 40298

 

山口県岩国市岩国の浄土宗法真寺さまの施餓鬼法要にお参りいたしました。

 

法真寺さま

往古は禅宗にして防長の大守大内家の開基なり。寺号を宝泉寺と称し現在の横山町に在りしが天正14年浄土宗に転じて現地を吉川家より拝領し一宇を建立し、これを不昧山新豊院法眞寺と公称する。 寛永10年に知恩院直末となり法灯綿々たり。享保19年5月第11世毫誉上人代に全焼し安政4年第21世敬誉上人代に再建される。その後、昭和42年本堂屋根の総葺替を行い同年11月に落慶と第28世寿誉宗徳の晋山法要を勤修。 寿誉代になり鐘楼・山門・庫裡の傷みが激しくなり、平成3年に鐘楼門並びに門信徒会館・庫裡を再建、同年11月に落慶法要勤修。 又、子育水子地蔵尊は毎月16日が縁日となっており約200年前頃に建立されたとのことで身の丈137周囲140?で半座の石地蔵尊で出来ております。

浄土宗寺院紹介Naviより